防水工事は海外の動物園でも必要とされている

テレビや新聞などで動物園情報を見ていると、
たまに「危ないな」と思うことがあるものです。
例えば、猛獣が展示檻から逃げ出して、通行人などに襲いかかった
というような物騒な事件が実際に起きています。
動物が檻から逃げるのは、洪水や地震などの災害の時が多いです。
海外の動物園などでは、防水設備が貧弱で、
ちょっとした洪水でも柵などが壊れて、そこから動物が逃亡して、
とんでもない事件に発展することが頻繁に起こっています。
逃げ出すのがサルとか牛程度ならまだいいですが、
虎や熊などが逃げ出すと恐ろしいことになります。
とにかく洪水や地震が来ても、そう簡単に破壊されないように
防水工事をしっかりする必要があります。
災害大国の日本は、そういうことに貢献できるポテンシャルが十分あります。

防水工事の事で相談するならここ
http://www.bousui.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*