動物園の飼育員に頸椎症の治療を進める

頸椎症の症状は、軽症から重症なものまで様々です。
肩こりや肩の重だるさといった割と軽い症状から、
手のしびれや感覚の麻痺・痛み等の症状もあります。
また、重症な方の場合、めまいや吐き気、歩行障害等の症状が見られ、
日常生活が困難となってしまう事もあります。
頸椎症治療は、早期から受ける事で症状の進行を食い止める事ができ、
回復への近道となります。
症状が進行し、手術が必要な状態となる前に頸椎症治療を受ける事をおすすめします。
動物園での仕事においても、長時間の不良姿勢での作業や、
重い物を持ち運ぶ等、頸椎症の原因となりうる動作や作業が多く、
既に頸椎症を患っている方にとっては、症状を悪化させてしまいます。
少しでも頸椎症の症状がある方は、早めに治療を受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*